兵庫県立大学 ENGLISH
兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 Graduate School of Applied Informatics University of Hyogo
TOPページ
研究科について
概要・特色
研究科長のメッセージ
コースの紹介
入学希望の方へ
入試情報
オープンキャンパス
在学生・修了生のメッセージ
教育
博士前期課程
科目構成・修了要件
カリキュラム内容
インターンシップ
修士論文
科目構成・修了要件
カリキュラム内容
博士論文
アドミッション・ポリシー・
カリキュラムポリシー・
ディプロマポリシー
学位論文審査基準
規程
研究
教員・研究
教員公募情報
就職
産官学連携
外部評価
行事
出版物
リンク・資料
交通アクセス
TOPページ >> 研究科について >> 研究科長のメッセージ
研究科長のメッセージ
応用情報科学研究科長 西村 治彦
応用情報科学研究科長
西村 治彦

 本研究科は、情報科学技術の社会応用の広がりと社会的な影響の拡大への対応の必要性に鑑み、平成16年4月に3つの旧県立大学の統合を機に設置され、政策経営情報科学コースおよびヘルスケア情報科学コースの2つのコースからなる学部を持たない独立の情報系大学院としてスタートしました、最初にこの両コースに的を絞ったのは、社会的ニーズが高く、かつ情報科学技術の活用が社会的に要請されている重要な領域として、政策、行政、経済、経営、環境(政策経営情報科学コース)および医療、福祉、看護、介護、健康(ヘルスケア情報科学コース)が考えられたからです。

 そして、最近の情報科学の進展は著しいことから、その応用面の拡大などを考慮し、新しい時代におけるニーズへのさらなる対応力の強化をはかるべく、平成23年4月から上述の2つのコースに加え、新たに高信頼情報科学コースを設置しました。この新コースでは、情報セキュリティやリスクアセスメントなどの基盤技術に加え、企業や医療などの実際の社会情報システムにおける安全性・信頼性の実現のため、実地に即した教育研究を行っています。また、情報セキュリティに関しては、この分野で世界的に評価の高いアメリカのカーネギーメロン大学(CMU)との連携に基づくダブルディグリー・プログラムを設け、2年間で2つの大学の修士号の取得を可能としました。
 ところで、本研究科の目指している社会への情報科学技術の応用という学問分野は、まだ十分に成熟するには至っておらず、また学際的であることから、課題探求型の教育研究体制が望まれます。このため、学生個々の能力と適性にマッチしたインターンシップやフィールドワークを活用したマンツ−マン指導体制を整え、学生の実践能力を養成するカリキュラムを作成し、よりよい教育研究の場の提供に全力をあげています。こうした教育研究方針は、長期インターンシップの実施などを通じて、文部科学省や関連企業からも高い評価を受け、所期の教育研究目標の達成に向けて大いなる前進を遂げることができました。
 また、平成18年4月からの博士後期課程の設置に伴い、より高度の医産官学連携型の共同研究を行う場の形成が一段と進み、新しい研究シーズの発掘のみならず、生活環境の質的向上に資するソリューション創出のポテンシャルの増大がはかられています。こうした連携型の共同研究は、上述の3コース化とともに本研究科に開設された社会応用情報科学研究センターの支援のもとに、さらなる推進がなされようとしています。
 本研究科は平成23年春、神戸ポートアイランドキャンパスに移転しました。すぐ隣には、世界最速のスーパーコンピュータ「京」を擁する理化学研究所計算科学研究機構があるほか、近くに神戸大学統合研究拠点や甲南大学ポートアイランドキャンパスが位置し、新たな学術研究ゾーンが形成されつつあります。
 情報科学技術の社会応用力を磨きたいと志す人は、是非本研究科に集い、アカデミックな雰囲気に溢れた新キャンパスで充実した大学院生活を送って下さい。
▲ ページの先頭へ
(c) Graduate School of Applied Informatics, University of Hyogo All rights reserved.
兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1番28号 計算科学センタービル5-7階 ご連絡・お問い合せ先 TEL: 078-303-1901 FAX: 078-303-2700