兵庫県立大学 ENGLISH
兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 Graduate School of Applied Informatics University of Hyogo
TOPページ
研究科について
概要・特色
研究科長のメッセージ
コースの紹介
入学希望の方へ
入試情報
オープンキャンパス
在学生・修了生のメッセージ
教育
博士前期課程
科目構成・修了要件
カリキュラム内容
インターンシップ
修士論文
科目構成・修了要件
カリキュラム内容
博士論文
アドミッション・ポリシー・
カリキュラムポリシー・
ディプロマポリシー
学位論文審査基準
規程
研究
教員・研究
教員公募情報
就職
産官学連携
外部評価
行事
出版物
リンク・資料
交通アクセス
TOPページ >> 教育 >> 博士後期課程 >> カリキュラム内容

カリキュラム内容

(平成20年度時間割: PDF 96kB)
(平成21年度時間割: PDF 23kB)
(平成22年度時間割: PDF 23kB)
(平成22年度時間割: PDF 23kB)
(平成23年度時間割(2011年度入学): PDF 237kB)
(平成23年度時間割(2010年度以前入学): PDF 235kB)
(平成24年度時間割(2012年度入学): PDF 237kB)
(平成25年度時間割(2013年度入学): PDF 242kB)
(平成26年度時間割(2014年度入学): PDF 162kB)
(平成27年度時間割(2015年度入学): PDF 161kB)
(平成28年度時間割(2016年度入学): PDF 76kB)
(平成29年度時間割(2017年度入学): PDF 76kB)

平成29年度シラバス

 

応用情報科学特別講義(共通科目)
この科目群は、博士前期課程では学ぶことができなかった、より高度なソフトウェア・ハードウェア、ネットワーク、データベース、情報セキュリティ、データマイニング、情報システム設計など、情報通信技術の社会応用に向けた知識や手法に関するものであり、同時に、多様なバックグラウンドと勉学意欲を持った学生が、博士論文取得のための特別研究で活用できる科目です。
・政策情報特別講義
・経営情報特別講義
・複雑システム解析論
・地域解析特別講義
・環境モデリング論
・行政情報化特論
・ヘルスケアシステム評価論
・生体信号処理特論
・医療情報セキュリティ特論
・ヘルスケアシステム構築論
・ヘルスケア情報学教育論
・看護情報学応用実践特論
・神経機能情報工学論
・分散システム特論
・Webシステムと情報セキュリティ技術特論
・知能化情報技術論
・機械学習特論
・技術受容モデル論

■政策経営情報科学特別演習
■ヘルスケア情報科学特別演習
■高信頼情報科学特別演習
この特別演習は、それぞれのコースにおいて様々な視点から設定された、情報システムの構築あるいは運用に関する演習を中心とする科目で、具体的な手法の適用と構築を通じて、課題解決能力を養うことを主眼としています。必要なデータをどのように収集して解析するか、情報システムをどのように構築あるいは運用するか、などに焦点をあて、各種シミュレーションを活用した演習あるいはケーススタディを通じて実践的な解決手法の解明あるいは構成について学びます。

■政策経営情報科学特別研究
■ヘルスケア情報科学特別研究
■高信頼情報科学特別研究
この特別研究は博士学位論文作成のための本格的な研究です。この特別研究では、論文講読、各種の調査、実験、解析、フィールドワークを通じて、情報システムの構築や運用にかかわる実用的な手法の解明あるいは研究開発を行い、かつその成果に基づいて学術論文を公表し、最終的な学位論文を作成できるように指導がなされます。

▲ ページの先頭へ
(c) Graduate School of Applied Informatics, University of Hyogo All rights reserved.
兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1番28号 計算科学センタービル5-7階 ご連絡・お問い合せ先 TEL: 078-303-1901 FAX: 078-303-2700